転職者初めての確定申告!そもそも確定申告とは何なのか?何故しないといけないのか?

昨年転職をしました。会社がしてくれていた源泉徴収が無くなり、自分で確定申告をすることになりました。
色々わからないことだらけなので、少しずつわかったことをまとめていきます。
 



 

・そもそも確定申告とは何なのでしょうか?

国税庁のホームページには
〝 所得税及び復興特別所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。 〟
とあります。

1年間に稼いだ金額に関して、所得税がかかります。計算、申告して、キチンと税金を納めましょうってことですね。

また対象年の翌年に納める税金が、申告により決まりますので、申告は忘れずに行いましょう。国民健康保険料、住民税のほか、保育料も所得の申告により決まります。
 

・確定申告は何故しないといけないのか?

納税は国民の義務であり、税金は正しく納めないといけませんよね。
脱税で刑事罰を受けるようなニュースを見ることがありますが、重い場合はそういうこともありえるということですね。

転職者にとっては、給与から税金を天引きして代わりに納めてくれていた会社を辞める事になるので、自分で納めることになります。

納めないといけない税金を納めない場合には罰金が課せられます。
払わなくて良いお金まで払わないといけなくなりますので、忘れずに申告しましょう。
 

・年途中で会社を辞めた場合

会社から会社への転職の場合、前職の辞めた時点までの源泉徴収票を転職先へ提出すれば、代わりに転職先の会社が引き続き源泉徴収を行ってくれることがあります。時期により出来る出来ないがあるみたいなので、確認しましょう。
 


ブログランキング・にほんブログ村へ


6件のコメント

    1. In this article, I wrote about the reason why we declare the final return, but it has not reached the idea such as how to tax.
      If you have the opportunity to think deeply about taxes, I will summarize it in the article.
      Thank you for your comment.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です