2019年9月20日発売の最新型iPhone11Pro!そのカメラ機能と電池持ち時間が気になる!

現在発売中のiPhoneの最新版
iPhone11Pro
この新型iPhoneの特徴は、まずは何と言っても背面カメラレンズでしょう。

3つも付いていて、どんな性能なのかが気になって仕方ないですよね?

あとは、電池の持ちがどのくらいになったのかも気になります!
性能が良くなる分、電池の減りは早そうです。

バッテリー性能も上がってないともちろん困る!
ということで、こちらもどのぐらい性能アップしているのかを調べてみます。

・直近歴代iPhoneの背面カメラの性能について

iPhone6  では、 800万画素が1つ
iPhone7  では、1200万画素が1つ
iPhone8  では、1200万画素が1つ
iPhoneX  では、1200万画素が2つ
iPhone11Proでは、1200万画素が3つ
となっています。

広角レンズ、望遠レンズ、超広角レンズと
1つずつ追加されていっています。

カメラレンズが2つになって
遠近感がつかめるようになりました。

被写体の後ろの背景をぼかす、ポートレート撮影ができるようになっています。

カメラレンズが3つになると
どうなるかは、触ってみてからのお楽しみといった感もありますが

進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード

Apple Inc.  iPhone11Pro仕様

との記載があることから
被写体の後ろの背景のぼかし方を変えることができそうですね。

これはまさに一眼レフカメラのように
調整できる機能が備わったと思って良いのではないでしょうか。

さらにiPhone11Proではナイトモードなるものも搭載されているようです。

名前からして暗くてもよく撮れますよモードでしょう。

ほかにも色々機能があり、それぞれ性能アップもしているようです。

・バッテリー性能について

バッテリー性能については
使用状況により時間が変わるので
比較が難しいところです。

Appleのサイトでも
以下のように使用状況によって最大何時間持ちますよ
という記載がされています。
以下、iPhone6sの場合

電源とバッテリー6
・連続通話時間:3Gで最大14時間
インターネット利用:3Gで最大10時間、4G LTEで最大10時間、Wi-Fiで最大11時間
HDビデオ再生:最大11時間
オーディオ再生:最大50時間
連続待受時間:最大10日間
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電

Apple Inc. iPhone 6s – 技術仕様

なので、後続機種は
iPhone6sより何時間長いバッテリー駆動時間ですよ
という記載方法がとられています。

iPhone7  の場合、iPhone6sより最大2時間長い
iPhone8  の場合、iPhone7とほぼ同じ
iPhoneX  の場合、iPhone7より最大2時間長い
iPhoneXs  の場合、iPhoneXより最大30分長い
iPhone11Proの場合、iPhoneXsより最大4時間長い

インターネット利用のWi-Fiで見ると
 iPhone6sでは最大11時間のところは
 iPhone11Proでは、8.5時間プラスの最大19時間30分ということになりますね。

大幅に性能アップしているようです。

・まとめ

カメラとスマホの2台持ちを解消してくれる
iPhoneのカメラ性能アップは大歓迎ですね。

編集もできるアプリも有り
1台でなんでもできちゃうのは嬉しい限りです。

どんどん進化して便利になって、使いやすくて楽しいiPhoneを
これからも期待していたいと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です